主催代表 古島医師より

子供たちの能力に優劣はありません、すべてが個性です。野球は、その個性を引き出すことのできるスポーツです。

試合は9人ですが、すべての子供たちにゲームのチャンスを与えてあげてください。子供たちの自由奔放な動きと柔軟な発想力を大切にしてください。

「勝つこと」はすばらしいことですが、それだけを追い求めた指導は子どもたちから「野球の面白さ」を味わう機会を奪いかねません。

「走り回る、打つ、投げるおもしろさ」を子どもたちに伝えてあげてください。コーチの皆様と子どもたちが一緒になって、良いプレーを作り出してください。

そして一人でも多くの「野球大好きっ子」を育ててください。

指導者・保護者の方は、たくさん子どもたちを褒めてあげて下さい。

それが子どもたちの財産になり、次世代の子どもたちにも受け継がれていきます。

Follow me!