エコーを用いて肘障害(特に肘離断性骨軟骨炎や肘内側裂離骨折など)の有無を調べます。また、肩関節の可動域の検査も行います。

  • 検診で異常が見つかった場合には病院受診を勧めることがあります。
  • 治療中の方はその旨を申し出てください。

 

事前登録は1月3日正午に締め切りました。当日受付については午前(10時、11時、12時)は定員となっておりますが、午後はまだ余裕があります。ぜひご参加ください。

 

なお、当日は以下より問診票をダウンロードいただき、ご記載の上でお越しください。(受診されるお子様1名につき1枚)

問診票ダウンロード

 

場所 :第1道場

時間 :10時〜16時

参加 :[お子様へのお願い]をご確認ください

参加費:無料

担当 :群馬大学整形外科学教室、ぐんまスポーツ整形外科

 

[指導者・保護者の皆様へのお願い]

障害は早期に発見すれば経過で治るもの、安静で治るものが大半で、エコーによる肘検診は障害の早期発見に非常に有用です。

ひどくなってからでは手術が必要になってしまう場合もありますので、ご来場いただくお子様は野球肩肘検診を原則受けていただくようお願いします。

群馬大学整形外科の医師がエコーを使用して診察を行います。